ブログトップ

飛行機と鉄道の神戸ブログ

kibeukb.exblog.jp

202 関立戦

たまには、アメリカンフットボールの話題を… 

11月25日、昨日 大阪 長居陸上競技場で関西学生アメフト 関西学院大学vs立命館大学の試合が行われました。
結果は、31-28で関学の勝利!2年連続で、甲子園ボウルに出場です。

立命館大7 7 14 0  28
関西学院7 21 3 0  31

この日は、行く時間が遅かったのか 20ヤード付近での観戦になってしまいましたが、とにかくすごい試合でした。

なんといっても、この試合はどちらも全勝で優勝決定戦のようなものです。
第4クォーターは、31-28で迎え、しかも立命の攻撃。残り時間も少なく、このままタッチダウンをとられればどうなるか分かりません。が、なんとあとタッチダウンまであと少しのところでファンブル!そのまま逃げ切りました。本当に、手に汗にぎる展開でしたね。

とまあ書いてきましたが、読んでらっしゃる方の中には、「アメフトってのはいったいなんぞや?」とお思いの方もおられるでしょう。
少しだけ簡単にルール説明を。

まず、得点ですが とる方法はいろいろとあります。

パス ランなどでゴールゾーンに入る タッチダウンこれは一気に6点入ります。
そのあと①フィールドキックで1点を入れるか、そのほかに
②2ポイントコンバーションといい 再度ダッチダウンで2点を狙う 
という2つの方法があります。ただし、2ポイントコンバーションは成功率は低いですから、よほどでないかぎり①をやります。

アメフトでは、攻撃権をもてば4回の攻撃をすることができます。その4回の中で10ヤード進めれば、もう一度その4回の攻撃をすることができます。
ですが、4回で10ヤード進むことができなければ 攻撃権を放棄します。この方法には、パントやフィールドゴールがあります。フィールドゴールが決まれば、3点がとれます。

これぐらいのルールを覚えておけば、アメフトも楽しめるのではないでしょうか。(そのほかにいろいろなルールはあります あとは本などでお願いします…)

では、また明日。
[PR]
by ukbkix | 2007-11-26 17:26 | 日記
<< 減便される kobe B767 Ⅲ >>